>> 成功している英語圏のマーケティング会社のWeb集客手法はこちら

【プロが教える】ランディングページ(LP)が作れるWordPressテーマ7選

ランディングページが作れるWordPressテーマ

この記事では、ランディングページ(LP)が簡単に作れるWordPressテーマを紹介します。

他の方のブログ記事では紹介されていないWordPressテーマをこっそりシェアします。

私は日本国内はもちろん、英語圏のWordPressテーマも私は毎日漁り続けています。そこで自信をもってWordPress上でランディングページが作れるWordPressテーマを解説できます。

この記事では私が実際に使った経験があるランディングページが作れるWordPressテーマを紹介します。中には英語圏の強力なWordPressテーマも含まれています。

1つ1つ具体的な使い方は解説しませんが、「使い方をもう少し知りたい」というリクエストがあれば、この記事下のコメント欄に書いておいていただければ幸いです。リクエストが多ければ、具体的な使い方を解説した記事を作ります。

以下は、可能な限り、見栄えがよいLPを素早く簡単に作れるWordPressテーマを7個に厳選して紹介します。

OOPS!(TCD047)

国内のWordPressテーマ会社で有名なデザインプラスのTCDテーマ。

そのなかで、高いコンバージョン率のLP(ランディングページ)を超手軽に作れるWordPressテーマが「OOPS!(TCD047)」です。

OOPS!を簡単なヒートマップ分析に通すと、以下の通りです。

OOPS!(TCD047)でランディングページを作る

検証をしましたが、ページの明快さも85点を突破しています。「高い成約率のランディングページが作れる」というTCDテーマの宣伝はウソ偽りないです。

実際、私の知り合いの起業家も、OOPS!で自社製品のランディングページを作っていました。

店舗ビジネス、インターネットビジネス、サービス、個人ブランディングなど、幅広い業種業態で使えるデザイン性。

他にプラグインをインストールする必要もありません。OOPS!(TCD047)に備え付けられているページビルダーで簡単にLPが作れます。

非常におすすめです。

DROP(TCD087)

WordPressテーマ「DROP(TCD087)」
https://demo.tcd-theme.com/tcd087/

上で紹介したOOPS!と同じTCDテーマからです。

2021年に新しくリリースをされたスタートアップの事業を駆け上がるように成長させるランディングページを作りたい、そんなアナタにおすすめのWordPressテーマが「DROP(TCD087)」です。

私は残念ながら所持していません。クライアントが導入しています。…カッコいいです。正直、私も購入を検討しています。

さて、余談はこんなところで。

OOPS!もDROPもどちらのWordPressテーマも、高い成約率のランディングページを作ることに特化しています。

大きな違いは、DROPでは高機能なグラフ・チャート機能が備わっています。そのためランディングページ内でグラフを表示させられます。

DROPの方がより、説得力があるLPを作る機能群が揃っています。OOPS!は基本的なLP制作機能と「シンプルさ」と「高い成約率」をより意識しています。

グラフやチャートを使い、より説得力があるランディングページを作りたい起業家、経営者、マーケターにはDROP(TCD087)を推奨します。

Emanon Premium(エマノン プレミアム)

Emanon Premium(エマノン プレミアム)
https://wp-emanon.jp/emanon-premium/demo01/

Emanon Premium(エマノン プレミアム)は個人事業主、経営者、コーチ、コンサルタントに最適なWordPressテーマです。

ブロックエディタを使い、ランディングページを自由に作れるだけではなく、強力なWeb集客を促進する機能が豊富に入っています。CTA(コール・トゥ・アクション)機能や資料請求を促すボタンなど。

もしも、この記事を読んでいるアナタが事業者なら、必ず役立つWordPressテーマです

どんなWebサイトが作れるのかは、ぜひデモページをご覧ください。

ランディングページはもちろん、美しく洗練されたデザイン性により、強い信頼感を生み出すWebサイトが効率的に作れます。

Colorful(カラフル)

WordPressテーマ「Colorful(カラフル)」
https://lptemp.com/

インターネットビジネス系の情報発信をする方や、コンテンツビジネス初心者で多く使われているWordPressテーマがColorful(カラフル)です。

このテーマは完全にLP(ランディングページ)を作ることに特化しています。

私がWebマーケティングの世界に足を踏み入れた頃に、infotopでよくランキング入りしているほど人気でした。

初心者でも扱いやすく、ランディングページを作る機能も豊富に入っているので、
デザインに自信がなく知識があまりない個人ユーザーにはおすすめです(価格も手ごろ)です。

デザインとしては古く、洗練されているとは言えませんが、コストをかけずにランディングページをWordPressテーマで作るには良い選択肢です。

DanganページビルダーとColorful(カラフル)を比較しました。どちらもWordPressでランディングページが作れるページビルダーです。詳しくはこちらの比較記事をどうぞ

STORK19(ストーク19)

WordPressテーマ「STORK19(ストーク19)」
https://www.stork19.com/

OPENCAGEの最新WordPressテーマ「STORK19」も紹介します。このOPENCAGEはブロガーに特化した高品質で使いやすいWordPressテーマを作り続けていることで有名です。

ちなみに、当サイトもこのSTORK19を使っています。

買って満足してます。実際の使用者なら分かると思います。ほんと文句のつけようがないほどに使いやすいです。

STORK19は過去にリリースされた旧STORKの進化版です。スマホでもページスピードが格段に高速化されるようになっただけではなく、ランディングページを作る機能も強化されました。

旧STORKでは作れなかったデザインのランディングページが、STORK19では作ることができます。

細部までカスタマイズして完全オリジナルのランディングページを作りたい人には向いていません。

ですが、自分の商品やサービスをブログ内で売りたいブロガーや起業家には最適です。強くおすすめします。

X theme(エックステーマ)

WordPressテーマ「X theme(エックステーマ)」
https://theme.co/x

ここから先は英語圏のWordPressテーマです。

  • 世界中のユーザーが多い
  • 備え付けのページビルド機能がある
  • 自由自在に高いデザイン性が作れる

直感的にランディングページが作れるWordPressテーマがX theme(エックステーマ)です。

海外ではElementorやThrive Architectのようなページビルダー系のWordPressプラグインを使って、ランディングページを作るケースが多いです。

しかし、X themeではそれらのページビルダーを必要としません。cornerstoneという備え付けのページビルド機能が実装されています。

難点は

  • ページスピードが重い
  • カスタマイズ性がありすぎて面倒くさい
  • そのうえマニュアルも英語
  • ブログと併用はなかなか現実的ではない

というポイントがあります。X themeの上位版(PRO)を購入した上で断言しますが、初心者から中級者にはおすすめできません。

個人的には好きですが、扱いが難しいとは感じます。

Divi(ディビ)

WordPressテーマ「Divi(ディビ)」
https://www.elegantthemes.com/gallery/divi/

世界中で最も使われている高機能WordPressテーマ「Divi(ディヴィ)」

最近では日本ユーザーも増えています。Diviも実装されているページビルド機能で、直感的に操作してランディングページを作ることができます。

上で紹介したX themeは日本語に未対応ですが、Diviは日本語にも対応しています。

そのため英語が苦手でも、日本語で操作をしてガッツリとランディングページを作ることができます。

Diviは249ドルです。日本円で27,000円ほどです。少し高いですが、このWordPressテーマ1つで色々なタイプのWebサイトを不自由なく作れます。

また日本国内のWordPressテーマよりも利用者が多く、機能も段違いにレベルが高いので、ランディングページを備えたWebサイトを作るなら「買い」です。

また要望があればDiviの操作解説を動画でおこないます。

OptimizePress(オプティマイズプレス)

WordPressテーマ「OptimizePress(オプティマイズプレス)」
https://www.optimizepress.com/

現在まで12万人を超えるオンライン起業家、マーケター、起業家、経営者によって支持されているWordPressテーマです。

Optimizepress(オプティマイズプレス)はただのページビルダーではありません。このWordPressテーマを使うことで、効果実証済みの高い成約率を叩き出すランディングページを超高速で作り上げることができます。

2年前まで私もOptimizepress(オプティマイズプレス)でランディングページを作っていました。

このページで紹介しているランディングページが作れるWordPressテーマのなかでも、トップクラスでおすすめです。

Clickfunnelsという英語圏のシステムを知っていて、かつClickfunnelsはまだ手が出ない小規模な起業家にはOptimizepressをおすすめします。

価格はClickfunnelsよりは手頃です。ただOptimizepressも月額17ドルかかってきますので、ある程度収益が出ている起業家におすすめします。初心者にはおすすめしません。

【当サイトの例】WordPressでランディングページを作る

ここからは私個人の意見です。ランディングページが作れるWordPressテーマを探しているかもしれませんが、ランディングページはWordPressプラグインで作ることをオススメします。

WordPressプラグインを使うことで、WordPressテーマよりも自由にランディングページを作れます。

例えば、私のサイトのトップページを見て下さい。

ランディングページビルダー「Brizy」で作った私のサイト実例

このトップページは、WordPressプラグインで作っています。デザインは自由自在に設計しています。

また、商品やサービスの販売ページ、オプトインページもWordPressプラグインで作れます。

メルマガのオプトインページ

このオプトインページもWordPressプラグインでサクッと作りました。

実は、WordPressテーマでランディングページを作る必要はないのです。もし、WordPress上で自由にランディングページを作りたいなら、下の解説記事をご覧ください。

>>WordPressページビルダーBrizyの使い方・完全ガイド

当サイトで使っているランディングページを作るWordPressプラグインを紹介しています。当サイト読者からも、好評のページビルダーです。

自信をもっておすすめします。

【まとめ】WordPressでランディングページを作る

この記事ではLP(ランディングページ)が自由自在に作れるWordPressテーマを厳選して紹介しました。

紹介したWordPressテーマは、私が実際に触った経験があります。私自身が保有していたり、取引先のWebサイトで用いられています。

そのため、ここで紹介したWordPressテーマを使えばランディングページが作れることをお約束します。

この記事を読んで質問があれば、気軽に記事下のコメント欄に書き込んでください。ではまた。

ひとり起業家のための「Web集客ガイドブック3.0」

無料の電子書籍「集客コンテンツの作り方」
Web集客のためのブログ記事や動画、SNSへの投稿を作るのは大変ですよね。時間はかかりますし、作ったコンテンツが本当に成果を生むかも分かりません。

この無料レポートでは、私が実際におこなっているWeb集客のコツをすべて公開しています。

この無料レポートに書かれていることを実践すれば、今よりも簡単に集客コンテンツを大量に作り、見込み客をより多く獲得できるようになります。

今すぐ無料レポートをダウンロードして、オンラインでより多くの見込み客を獲得しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
藤井 丈夫デジタルマーケティング専門組織「MiyakoWEB」代表
世界中のWEBマーケティングのリソースを毎秒漁っているオタク。個人事業主、先鋭的な起業家に向けて不定期でブログ書いたりしてます。情報収集と検証に忙しいので、飽くまでお金儲けや情報発信は余暇でやってます。