>> 成功している英語圏のマーケティング会社のWeb集客手法はこちら

WordPressページビルダーBrizyの使い方・完全ガイド

Brizyレビュー

どうも、藤井丈夫です。

「藤井さんのサイトのトップページはどうやって作ったのですか?」

そう聞かれることがあります。私のWebサイトのトップページは、レイアウトやデザインを自由に設計しています。トップページを含め、私のWebサイト上のページは自由自在にページを設計しています。

このカスタマイズされたレイアウトやデザインを、WordPress上でどのように作っているのか

そこで今回は、私が使っているWordPressページビルダー Brizyを紹介します。

このページビルダーは初心者でも直感的に操作をして、魅力的なページを作り出すことができます。私のWebサイトのデザインされた各ページはこのBrizyを使って制作しました。

ぜひ、WordPressでサイトを作っているWebマーケター、起業家に、このWordPressページビルダーBrizyを使って見て欲しい。

この記事を読み終える頃には、アナタも間違いなくBrizyを1度は使ってみようと思うでしょう。

WordPressページビルダー Brizy とは

WordPressページビルダー「Brizy」とはなんなのか

「Brizy」を簡単に説明すると、自由自在にページを設計できるWordPressプラグインです。

どんなWordPressテーマを使っていても、そのテーマのデザインに縛られずに、自由自在にページのレイアウトやデザインを作り出すことができます。

Brizyは「次世代のページビルダー」を謳っており、ドラッグ&ドロップで好きなようにデザイン性が高いページを作り出せますので、難しい知識がない初心者でも直感的に操作をすることができます。

そんなBrizyは2018年4月にリリースされたばかりの比較的新しいWordPressページビルダーですが、開発しているのはThemeFuseと同じ。

2009年から現在までの実績がある開発チームがBrizyを手掛けています。

Brizyの強力な機能、特徴

このBrizyの特徴を挙げると、

専門知識がなくても、誰でも手軽にWordPress上で自由なデザインのページが作れる。それがBrizyです。

ですが、世界中にはBrizy以外にも同じようにWordPressページビルダーが存在します。ElementorやDiviなど、人気のページビルダーとBrizyはどう違うのか。

Brizyに実装されている主な機能を見てみましょう。

高品質のランディングページテンプレート

Brizyのテンプレート

デザインを白紙状態から作る必要はありません。Brizyには品質が高く見栄えがいいテンプレートが豊富に用意されています。

クリックするだけでテンプレートをページにインポートすることができます。ゼロからデザインを決めるストレスもなく、たった数秒でプロが手掛けたようなページを作り出せます。

テンプレートを使ってページを作った場合でも、ページ内の文字や画像、また色など、すべての要素を自由自在にカスタマイズできるので、同じテンプレートを使っていても他人とデザインが被ることはありません。

デザインに自信がない人もテンプレートを使えば安心ですね。

カスタイズ可能のブロック群

Brizyのブロック

Brizyはテンプレートの他に、数多くの実用性が高いブロックが用意されています。

ブロックを選んでドラッグ&ドロップすると、ページに新しいブロックを追加していけます。

Brizyにブロックを追加する

ブロックを使うことで、デザインを作る労力とストレスを劇的に減らすことができます。

ちなみに、このブロックはLight(明るい)、Dark(暗い)の2種類のバージョンにワンタッチで切り替えられますので、作りたいランディングページの雰囲気に合わせられます。

強力なパーツ要素が豊富

さらに、ページを細かくカスタマイズしたい場合、パーツ(部品)を自由に追加できます。

Brizyを使ってランディングページを作る

このようにテキスト、画像や動画、その他の強力なパーツを自由自在に設置して、独自のランディングページを作り上げられます。

配色&デザインの一括変更

また、ページ内の要素をワンクリックでまとめてカスタマイズもできます。

たとえば、

  • ページ内のフォントの大きさをすべて同じサイズに統一したい
  • 見出しもフォントの色をすべて一括で変更したい
  • ページ内のフォントをすべて明朝体にしたい

そんな場合、1つ1つの文字や色を手作業で変更するのは大変です。しかし、Brizyを使うことで、ワンクリックでページ内の文字や色をまとめて変更することができます。

つまり、1つ1つの色やサイズを時間をかけて手動で変更する手間もかかりません。

Brizyの全体設定

すべて一括操作で変更できます。これは効率的ですね。

フォントの自由自在の追加

Brizyには、自由に好きなフォントを追加することができます。

Brizyに日本語フォントを追加

フォントを追加する方法は2つあります。

1つはGoogleフォントから選んでインポートをするか、2つ目の方法は自分でフォントをパソコンからアップロードする。この2つから好きな方法でページ内のフォントを自由自在に変更することが可能です。

フォントを変更することで、よりアナタのブランドに合わせて自由にページを作り出せるようになります。

端末ごとにデザイン切り替え&調整

Brizyは最強のWordPressページビルダー

またランディングページを作るうえで、必ず必要になるのが「レスポンシブ対応」

ご存じの通り、今の時代はスマホでWebサイトが閲覧されます。アナタのWebページも必ずパソコンで表示されるわけではありません。

スマホやタブレットでどのようにページが表示されるのか、これはWEB集客をする上で、非常に重要です。

特に気を付けて欲しいのは、タブレットで表示するとページのレイアウトが崩れているとか、スマホで表示するとページの文字のサイズが小さすぎて読みにくいとか。

そのため、アナタが作るページはパソコン、スマホ、タブレットすべての端末で問題なく表示できるようにしましょう。

わかりやすく言えば、パソコンでの表示は見やすい!だけどスマホでの表示は見にくい。そうなると、スマホからアナタのページを閲覧している人は、ページを見る気をなくしてしまいます。

ですが、Brizyならパソコン、スマホ、タブレット、それぞれの端末の画面のサイズに合わせて、自由自在にデザインを設計することができます。つまり、Brizyを使うことで、アナタのページはパソコン、スマホ、タブレットすべての端末に対応させられます。

結果的に、すべての端末からくる訪問者にストレスなく、ページを読んでもらうことができるので、WEB集客も成功します。

ポップアップビルダー機能

Brizyには見込み客を獲得するマーケティング機能も備わっています。Brizyを使うことで、ページ上でポップアップを表示させることができます。

こちらをご覧下さい。

Brizyのポップアップ

ページ上に浮かび上がるポップアップ。このポップアップ機能もBrizyには実装されています。

このポップアップも、自由自在にカスタマイズができるます。デザインの幅に縛られることはありません。

  • ページが閉じられようとしている時にポップアップが表示される
  • 特定のページのみにポップアップを表示する
  • ページごとに表示するポップアップを自由に選べる

ポップアップの表示方法も思うように設定ができるので、Brizyが1つあれば高額なポップアップツールも不要です。

ページ表示スピードは超高速

ElementorなどのWordPressページビルダーを使った経験があるかもしれません。

WordPressページビルダーを使ってページを作ると、デザインはいいけど表示されるまでのスピードが遅くなるなんてことも起きてしまいます。

事実、ページの表示スピードが遅いと、コンバージョン率が低下して売上に大きな影響を及ぼします。クリックしてから表示するまで3秒以上かかるサイトだと、半分近くのユーザーが離脱することも分かっています。

ページの表示スピードが遅いことで、訪問者にストレスを与えてしまい、ユーザビリティは下がります。

WordPressページビルダー「Brizy」は表示スピードも安心して下さい。ページ表示スピードは超高速です。下をご覧ください。

Brizyのページスピード(速度)

この速度テストはGoogle Speed Insightsでおこないました。Brizyで作ったランディングページの表示スピードはモバイルでも81点、パソコンでは91点です。

Brizyを使うことで、美しくデザインされたテンプレートを使って超効率的に、強力な自分ブランドを表現するランディングページが作れます。

機能が多いだけではなく、ページの表示スピードも高速なので、ユーザーにストレスを与えることがありません。

ここで実際に私がBrizyを使っている解説動画を用意しました。

【解説】Brizyの実際の使い方&レビュー

私のBrizyの解説動画をご覧の通り、まったくストレスを感じることなくWordPress上で自由にランディングページをサクサクと作れます。どうやって見栄えのいいランディングページを低予算で作るか頭を悩ませることもありません。

Brizyを使えば、知識ゼロでもランディングページが作れるので、LP制作に15万円、20万円の費用を出す必要もなくなります。また設定が難しいわりにデザイン性が悪いランディングページを四苦八苦しながら作ることもなくなります。

無視できないBrizyのデメリット(短所)も隠さずに挙げます。

Brizyのデメリット(短所)

デメリットは以下があります。

  • IEサポートがされていない
  • 無料プランは制限が多い

この両方のデメリットについて、さらに詳しく解説をします。

IEサポートがされていない

最も大きなデメリットは、BrizyはInternet Explorerには対応していないことです。

なのでIEユーザーは私のサイトのトップページも表示できないはずです。Brizyで作ったページはIEで表示できません。

なぜならIEはもうすぐに終了するからです。

Brizyはインターネットエクスプローラーに未対応

すでにIEユーザーも少なく、セキュリティ上の問題もあるブラウザなので開発元もBrizyの対応予定はないそうです。

その他のブラウザでは問題なく表示されます。

無料プランは制限が多い

Brizyは無料(FREE)版もあります。実際の使い勝手を知るには十分なのですが、ブロックやテンプレートの数が少ないです。

有料版のBrizy PROだと、すべてのブロックが解放されます。無料版では基本的なブロックのみです。

この2点がBrizyのデメリット(短所)です。

Brizy VS Elementor

ここでBrizyと他の代表的なページビルダーのElementorを比較してみましょう。Elementorは世界中の利用者が多いWordPressページビルダーです。

まずは、簡単な比較表を用意しました。

BrizyElementor
1年間の料金49ドル/3サイト99ドル/3サイト
買い切りプラン×
知名度
テンプレート
ポップアップ機能
お問い合わせフォーム機能
カスタムCSS
レスポンシブ対応
豊富なアイコン
フォント追加

ElementorもBrizyも上の表を見て頂ければ分かる通り、必要な機能は両方に備わっているのも事実です。

ただ細かい部分で〇×判断が出来ないのが「使い勝手」です。下の動画をご覧ください。

どうでしょうか。人によって感想は違いますが、私はBrizyの方が直感的な操作と感じました。また、料金について更に詳しく見ていきましょう。

Brizyの価格・料金プラン

では、Brizyの各料金プランをわかりやすく説明します。まず、Brizyには2つの料金体系があります。

  • Yearly(年間)
  • Lifetime(ライフタイム)

Yearlyは1年毎に支払います。3つのプランが用意されています。下の画像をご覧ください。

Brizy 料金プラン 年間

料金表示が米ドルなので「え、どうやって支払うんだよ」と困惑するかも知れません。これは後ほど動画付きで解説します。ご安心ください。

Personalプランは年間49ドルです。日本円だと5,500円くらいですね。1つのWordPressサイトのみにBrizy PROをインストールできます。

Freelancerプランは年間99ドルです。日本円で11,000円くらいです。100個のWordPressサイトにBrizy PROをインストールできます。

Agencyプランは年間199ドルです。日本円で22,500円くらいです。500個のWordPressサイトにBrizy PROをインストールできます。また、このプランではWhite Label機能が使えます。このWhite Label機能についても後ほど解説します。凄い機能ですよ。

そして、1年毎に支払うのは面倒くさいという人には、 Lifetime(ライフタイム)が用意されています。

Brizy 料金プラン ライフタイム

Lifetime(ライフタイム)は「買い切り」です。つまり、1回料金を支払えば、今後支払う必要はありません。

  • Personalプランは149ドル(日本円で約17,000円)
  • Freelancerプランは299ドル(日本円で約34,000円)
  • Agencyプランは399ドル(日本円で約45,000円)

ライフタイムのメリットは、1度支払えば今後支払う必要はないことです。

たとえば、Personalプラン(149ドル)を1度支払えば、今後あなたはBrizy PROのPersonalプランを追加費用ナシで使えます。

もちろん、将来もアップデートされて、今後追加される機能も受け取れます。

つまり長期的に考えるとライフタイムの方がお得です。

あ、それからAgencyプランについているWhite Label機能についても説明しておきます。ホームページ制作業をしている人にはおすすめの機能ですよ。

White Label(ホワイトラベル)機能とは

White Labelとは商品名を自分のブランドに置き換えてることです。分かりやすく説明します。

Brizy PROをあなたのお客さんのサイトにインストールするとします。

通常は下の画像のようにお客さんのWordPressダッシュボードで表示されます。

WordPressページビルダーBrizyの使い方・完全ガイド

Brizyで作ったページに「Brizy」とブランド名が表示されていますよね。しかし、WhiteLabel機能を使えば、

WordPressページビルダーBrizyの使い方・完全ガイド

このように、Brizyというブランド名ではなく、自分のブランド名に置き換えられます。

この機能を使う事で、お客さんはBrizyではなくアナタのブランド名を見ることになります。これはアナタの独自サービスを販売するには最適の機能です。

Brizyの料金プランの選び方

まず、ブロガーや個人のWebサイト運営者にはPersonalプランで十分です。それ以上のプランは不要です。

そして、ホームページ制作業をしている人にはAgencyプランをおすすめします。最大500サイトにBrizy PROをインストールできます。

つまり最大500人のお客さんのホームページにBrizy PROをインストールできる訳です。

その都度、ホームページ制作の料金を受け取ることができます。White Label機能も付いているので独自ブランドとしてアナタのホームページ制作ビジネスをはじめられます。

Agencyプランは値段が高いように見えますが、ホームページ制作業にとってはこの上なく魅力的なプランです。

Freelancerプランは、あまり魅力ないです。あえて触れませんでしたが。最大100サイトしかインストールできないことに加えて、White Label機能もないので魅力は薄いです。

Freelancerプランを申し込むなら、少しお金を積んでAgencyプランに申し込むことを強くおすすめします。

Brizyの購入方法

これからBrizyを購入しようと思っている方へ。

  • 米ドル?持ってないよ。日本円で払いたい
  • 海外サイトで購入するのは怖い
  • 英語なんて読めない

1つも心配はないです。日本から安全に購入できます笑。下の動画で解説したので、不安な方はどうぞ。

Brizyは日本国内からでも安全に購入できます。クレジットカード決済も安全に行われます。ちなみに私もBrizyをクレジットカード決済で購入して安全性は検証済みです。

あ、それから海外サイトでの購入を不安に思う方もいるでしょう。ですが、こちらも問題ありません。

なんと30日間の全額返金保証も用意されています。

Brizyの30日間の返金保証

Brizyは30日間の返金保証(refund)

なんとBrizyには30日間の返金保証が用意されています。

Brizyを購入してから30日以内に「返金をしてください」とリクエストをすれば、迅速に返金されます。

返金をお願いする際に「え?え?なんでBrizy返金するの?ねぇ?なんで?」としつこく質問されることはありません笑。

もし、Brizyのライフタイムプランを迷っているなら、今すぐに購入しておきましょう。

もうすぐ終了するこのオファーを見逃すと、後々で後悔します。

BrizyについてのQ&A

よく寄せられるBrizyの質問と回答です。この質問リストのなかに、あなたの知りたい内容がなければ、下のコメント欄から気軽に質問を書いてください。通常の場合12時間以内には確認をしています。

※作業の気晴らしにホテルに数日間泊まる趣味が私にはあります。その場合は返信が送れることをご容赦ください。

Brizyがおすすめな人は?

Webデザインの知識がない、コーディングの知識もない。それでも自分のビジネスで成果を生み出すランディングページを作りたい。

そんな起業家におすすめします。

特にランディングページは「ビジネスの顔」でもあるんですよね。つまりデザインが悪いランディングページだとお客さんに舐められます。

デザインだけならまだしも。そのランディングページで扱う製品・サービスまで舐められます。そうなると、そのランディングページで商品は売れなくなります。

ブランディングを傷つけて、目も当てられないほどに売上も下がる。

そんな悲惨なランディングページを作っているせいで、苦しんでいる起業家がたくさんいます。ランディングページに広告費を使っても成果は出ないのは当たり前です。舐められているからです。

Brizyは、まさに次世代のページビルダーです。プロに高額な費用を支払ってLP制作を依頼する必要はありません。

ライバルが「どうやって作ってるんだろう」と憧れるようなランディングページを”あなた”が自分でイメージするように作れます。

Brizyは日本でも使える?

使えます。私も実際にこのブログにBrizyをインストールして使っています。

またBrizyでは自由自在にGoogleフォントを使うことが可能です。

Brizyに日本語フォントをインストールする
日本語フォント「Noto Sans JP」と「Noto Serif JP」を入れてみました。

つまり、Brizyで日本語フォントを使ってランディングページを作れます。

さらに、Brizy PROではカスタムフォントを使うこともできます。自分でお好みの日本語フォントをBrizyに入れて使うこともできるので、自分のブランディングを強化していけます。

Brizyは今後どうなっていく?

私は、自分が信頼できるツールだけにお金を払います。すぐに使えなくなるムダなツールにお金は払いたくありません。

Brizyの開発チームが2009年から今に至るまで12年以上続いているベテランです。だからこそ、Brizyの未来は明るいと安心しています。

Brizyは、「堅牢(しっかりしている)ページビルダー」を作るために修正&改善を繰り返しています。

今後はBrizyにより豊富な新機能が追加されます。Brizyは、英語圏のツールなので日本ではまだ情報が少ないですが、無視はできない強力なページビルダーです。

もうすぐにライフタイム(買い切り)プランは終わってしまいます。終了する前にぜひ入手しておいてください。

【結論】私のBrizyレビューまとめ

Brizyは間違いなくおすすめできる次世代のWordPressページビルダーです。

Brizy で作った私のサイト実例
上の画像はBrizy PROで作ったトップページです。

アナタがご覧になっている当サイトもBrizy PROを使っています。

私はWebサイトを作る専門知識を持っていませんし、コーディングもできません。

そんな私がカスタマイズされた高品質なページを作れているのは全てBrizyのおかげです。

Brizyを使うことで、 たとえ初心者でも1ナノもストレスを感じることがなく、いとも簡単にサクッと作れます。

日本でも美麗なWordPressテーマが同価格でたくさん売られています。しかし、それらのWordPressテーマを使っても完全差別化できるWebサイトは作れません。

BrizyはWordPressテーマに縛られず自由にアナタの世界観を表現するデザインを作れる最高のページビルダーです。

迷っているなら必ず購入しましょう。私も1人の購入者として自信を持っておすすめします。

もう1度繰り返します。Brizyの全てのプランには30日間の全額返金保証があります。きっと、あなたは返金することはないでしょう。必ず満足すると確信しています。

しかし万が一、いや億が一でも、使って満足できなければ全額返金が受けられます。

一番残念なのは「どうしようかな…買おうかな」と迷っている間に、売り切れてしまう悲劇です。

この記事を公開している現在に、まだLifetimeプランがある事を祈っています。もし売り切れていたらすみません。

ぜひ、お早めにどうぞ。

ひとり起業家のための「Web集客ガイドブック3.0」

無料の電子書籍「集客コンテンツの作り方」
Web集客のためのブログ記事や動画、SNSへの投稿を作るのは大変ですよね。時間はかかりますし、作ったコンテンツが本当に成果を生むかも分かりません。

この無料レポートでは、私が実際におこなっているWeb集客のコツをすべて公開しています。

この無料レポートに書かれていることを実践すれば、今よりも簡単に集客コンテンツを大量に作り、見込み客をより多く獲得できるようになります。

今すぐ無料レポートをダウンロードして、オンラインでより多くの見込み客を獲得しましょう。

14件のコメント

藤井さん、はじめまして。

Brizyが気になっているものです。
ですが、あまりBrizyを紹介している日本語サイトが無くて、相談させていただきました。
初対面なのに質問ばかりで失礼いたします。

公式のページをみると、こんなことが書いてあります。
(英語苦手なので日本語に翻訳しました)
——
※買い切りタイプの説明
299ドル/ 一度
FOR UNLIMITED SITES
STUDIOプランのすべて
ホワイトラベル(これは何ですか?)
生涯の更新とサポート
1回払い
Brizy CloudStudioへの無料アクセス

BrizyCloudプラットフォームへのアクセス
2年間の無制限ホスティング(詳細はこちら)
——

以下のことがわからないで購入を迷っています。

・STUDIOプランとは、Wordpressでプラグインとして使用する場合のこと、
と考えていいですか?

・Brizy CloudStudioとは何ですか?
Jindoのようなwordpressを使わないCMSのことですか?

・STUDIOプランは買い切り
CloudStudioは2年間のみ、ということですか?

詳細の画面を読みましたが、正直日本語が今一つで理解できませんでした。
これらについて、どこかに書いていらしたら申し訳ありません。

後、公式ページにアクセスする度に、セキュリティソフトが警告メッセージを表示するので、それもちょっと気になっています。
(怪しいサイトなのでは?と。。。)

お助言いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

加藤 さん

はじめまして。藤井です。
コメントありがとうございます。質問問題ないですよ。
むしろ、Brizyは私が推しているツールなので、魅力を伝えるためにも質問に答えさせてください。
順番に回答します。
———————————–
Q,STUDIOプランとは、Wordpressでプラグインとして使用する場合のこと、
と考えていいですか?
———————————–
PersonalプランとStudioプランの違いから説明します。
といっても違いは1つです。

Personalプラン:3サイトまでWordpressにインストールできます。
Studioプラン;無制限のWordPressにインストールできます。

これだけの違いです。
ようするに…
もし加藤さんが、ホームページ制作を仕事にしている場合は
Studioプランのほうがいいですね。

無制限のサイトにインストールできるので、
100人だろうが、1000人だろうが、
何サイトでもBrizy PROをインストールできるわけです。
———————————–
Q,Brizy CloudStudioとは何ですか?
Jindoのようなwordpressを使わないCMSのことですか?
———————————–
その通りです。
Brizy Cloudとは、JindoやWixを想像してもらえればOKです。

Brizyを購入すると、2つ手に入ります。

・Brizy WordPressプラグイン
・Brizy Cloud

この2つです。
この辺が複雑ですよね。
本来、BrizyはWordPressにインストールして使うプラグインです。
ですが、オマケでBrizy Cloudが付いてくる。
そうイメージするといいです。

———————————–
Q,STUDIOプランは買い切り
CloudStudioは2年間のみ、ということですか?
———————————–

Studioプランは年間プランと考えて下さい。
1年間のアップデートとサポートがされます。

つまりStudioプランの最新版を使い続けるなら、
1年後にもう1度年間99ドルを支払う必要があります。

もし継続しない場合は、BrizyのWordPressプラグインはアップデートされなくなります。
Brizy Cloudにもアクセスできなくなります。

Lifetimeプランは、買い切りです。
しかも今後ずっとアップデートされ続けます。
つまり1度支払うことで年間プランを更新する必要はありません。
追加費用ナシでBrizy PROを一生涯使い続けられます。

ただし、Brizy Cloudは2年間のみです。
(Brizy Cloudはサーバー等の維持費がかかるため、2年間としているそうです)

———————————–
後、公式ページにアクセスする度に、セキュリティソフトが警告メッセージを表示するので、それもちょっと気になっています。
(怪しいサイトなのでは?と。。。)
———————————–

この点は安心して大丈夫です。
下画像ごらんください。

https://hi.switchy.io/5UYi

BrizyのFacebookグループです。
現在9,811人が参加しています。私もその1人です。

このグループでは、
Brizyのアップデート情報が随時シェアされてます。
https://hi.switchy.io/5UYl

「8月5日にこんな機能をBrizyに追加したよー」
「Brizyのバグを直したよ」

そんなアナウンスが頻繁におこなわれてます。

もし、加藤さんが厳格なセキュリティソフトをお使いの場合は、
海外サイト&決済を行う=怪しいという判定がされているかもしれません。
これは憶測ですが。

私もBrizyを1年以上使っていますが
現状で、安全に不安を感じたことはありません。

かなり長文になってしまいましたね。
検討の材料になれば幸いです。良いツールなのでぜひ使ってほしいなと思っています。

もし、追加でご不明な点があればお気軽にコメントに返信するカタチで聞いてくださいね。

ではまた。

You can certainly see your expertise in the article you write.
The world hopes for even more passionate writers such as you who are not afraid to say
how they believe. Always go after your heart.

こんにちは。
丁寧な解説ありがとうございます。

elementer使っていたのですが
ドメインの変更で、何度やってもエラーが出てしまうので
代替のプラグインを探していました。

で、少しお伺いしたいのですが・・
Brizy でページを作るときに・・
elementorでいうところの
「elementor キャンパス」と「全幅」の
ような感じで設定できるのでしょうか?

そもそものテーマのデフォルトとは別に
LPのような余計なリンクはないページを
作りたい場合はどのように操作するのかがわからないでいます。

まだ少しいじっている状態なので
わからない部分も多いです。

ただ、ある程度 直観的にはできるツールだと思います。

有料版も検討しています。

よろしくご指南くださいませ。

長澤 さん
おっしゃる通りです。
Elementorと同じように使えます。

トップメニューやフッターメニューがないLPを作りたいわけですね。
ページを作る手順はElementorと同じです。
”テンプレートを「Brizy Template」にした上で”、
「Edit With Brizy」をクリックすれば、ページを作り始めることができます。

下の画像をご覧ください。
https://takeofujii.net/wp-content/uploads/2022/01/takeo-brizy-edit.png

もし、引き続きご不明点があればお気軽にお尋ねください。

藤井様

ご返答ありがとうございます。

なるほどですね。わかりました。

で、ついでにもう少しお伺いしますね。

ブログ記事の投稿の時に
本文の下の方は、毎回固定の
テンプレートを記載したいのですが

この定型のテンプレートを
作る機能やショートコードとして
保存しておくといったきのうはあるのでしょうか?

いじってみると、有料版の方が
いろいろとできる感じがしています。

よろしくお願いいたします。

長澤さん

返信ありがとうございます。
ちなみに記事下に固定のテンプレートを記載したいというのは、
たとえば以下のようなイメージでしょうか?

イメージ

上の画像で表示させているテンプレートはWordPressテーマの機能で表示させています。

Brizyで作ったページ全体で、定型テンプレートを自動表示させる機能はあるのですが、
Brizyで作っていない記事やページにも、定型テンプレートを自動表示する機能はまだないようです。

もし、長澤さんがブログ記事で定型のテンプレートを自動で表示されるようにしたい場合は、
Brizyで読み出すよりも、以下のようなプラグインを使うことをおすすめします。

WordPress Calls to Action

Its like yoou read my mind! You seem to know so much about this, like
you wrote the book in it or something. I think that youu can do with some pics to drive the
message home a little bit, bbut other than that, this iis wnderful blog.
A fantastic read. I will certainly be back.

こんにちは、だいぶわかってきた感じです。

それで、もう少しお伺いしたいのですが・・

テキストで長い文章などを入れる場合に
「続きを読む」のボタンとか設定ってどうするんですか?

藤井です。いつもコメントありがとうございます。
もし、ページ内に表示させるには下の動画のようにアコーディオン機能を使うと「続きを読む」ボタンに近くなるかもしれません。
https://youtu.be/FxOxv03tpLM
ただ、上の方法は長澤さんのイメージしている表示方法ではないですよね…。

ちなみに長澤さんは「続きを読む」ボタンを、どんな風に表示させたいのですか?
具体的なイメージがあればご提案できるかもしれません。

藤井様

ありがとうございます。

アコーディオンですよね。 近い形ではありますね、確かに。

例えば、ある程度、長い文章を書いていく場合に
最初の1分目で、「続きを読む」を入れられれば
他のページに表示されるときに、前文がばぁっと
表示されることがないのでいいかと思うのですが…

返信をいただきありがとうございます。
コメントをいただいてから、実際に表示させようと確認をしてみました。
ブログ記事一覧リストに「続きを読む」ボタンを自動表示させることはできます。
https://takeofujii.net/brizy-read-more-btn.jpg

この機能を見て、
「長澤さんの希望されている「続きを読む」を入れることもできるかも」

とは思ったのですが…
残念ながら、長澤さんが希望されているような「続きを読む」を入れ込む方法は私には実現できませんでした。
お力になれず申し訳ないです。
またBrizyを使っていくなかで分かったことがあれば、コメントもしくはメールでお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
藤井 丈夫デジタルマーケティング専門組織「MiyakoWEB」代表
世界中のWEBマーケティングのリソースを毎秒漁っているオタク。個人事業主、先鋭的な起業家に向けて不定期でブログ書いたりしてます。情報収集と検証に忙しいので、飽くまでお金儲けや情報発信は余暇でやってます。