>> 成功している英語圏のマーケティング会社のWeb集客手法はこちら

【徹底比較】シン・レンタルサーバー vs mixhost!利用者が本音レビュー

【徹底比較】シン・レンタルサーバー vs mixhost!利用者が本音レビュー

この記事ではmixhost(ミックスホスト)とシン・レンタルサーバーの比較をします。どちらも人気の国内レンタルサーバーです。

私自身もmixhostは2018年から2021年まで利用しており、シン・レンタルサーバーは現在利用しています。

そのため実際の利用者として使い勝手を詳しく解説します。現在、mixhostかシン・レンタルサーバーかで迷っている方の参考になれば幸いです。

シン・レンタルサーバーとmixhostを簡単比較

短い回答:読む時間がない方のために説明します。

どちらを選べば失敗しないか。迷っているなら間違いなくシン・レンタルサーバーをおすすめします。

各機能、特徴、比較はこの後に1つ1つ解説をしますが、料金に対するサーバー性能、いわゆるコスパ。使い勝手を考えた結果、シン・レンタルサーバーの勝ちです。

以下では2つのレンタルサーバーを詳しく見た上で、比較をします。

まずは、シン・レンタルサーバーから見ていきましょう。

シン・レンタルサーバーとは

日本でシェア率1位、レンタルサーバーといえばエックスサーバー。

運営元のエックスサーバーが2021年に新しくはじめたのがシン・レンタルサーバーです。

シン・レンタルサーバーの特徴は「国内最速」です。他社レンタルサーバーと比較をしても、サクサク動作する使い勝手、表示速度を誇ります。

他社にはない技術をいち早く導入して、今後エックスサーバーに導入予定の新技術も先んじてシン・レンタルサーバーに追加されています。

エックスサーバーが運営する安定感と、優先的に導入される新技術により、シン・レンタルサーバーは早くも人気を高めつつあります。

mixhostとは

人気度が高い国内レンタルサーバーといえば、mixhost(ミックスホスト)です。2016年6月から現在まで運営されており、表示速度のスピードで定評があります。

なにしろWordPressサイトを高速表示できる機能「LiteSpeed Cache」が備わっています。この機能によってサイト表示速度は劇的に向上します。

ちなみにLiteSpeed Cacheが使えるレンタルサーバーは国内ではそれほど多くありません。

また、独自ドメインも追加し放題なので、無制限にWebサイトをハイスペックサーバーの環境下で運営することができます。

ん?ちょっと待って。シン・レンタルサーバーとmixhostは両方とも「高速表示」をアピールしているけど、どっちの方が表示速度が上なの?

比較をして解説をします。

料金で比較

まず、料金プランで比較してみましょう。

mixhostには5つの料金プランが用意されています。

mixhost 料金プラン
https://mixhost.jp/price

画像が小さく見にくいですよね。細かく見る必要はありません。5つのプランがあるんだなあと理解していただければ十分です。

この中で、最も安いプランがスタンダードです。初期費用0円、月額968円(36ヶ月契約した場合)です。

対して、シン・レンタルサーバーのプランが以下の通りです。

利用期間ベーシックスタンダードプレミアムビジネス
3ヶ月990円1,980円3,960円7,920円
6ヶ月990円1,980円3,960円7,920円
12ヶ月880円1,780円3,560円7,120円
24か月825円1,650円3,300円6,600円
36ヶ月770円1,540円3,080円6,160円

4つのプランが用意されています。最安プランはベーシックです。初期費用0円、月額770円(36ヶ月契約した場合)です。

ここで、mixhostとシン・レンタルサーバーの価格と性能を比較します。

特徴mixhostシン・レンタルサーバー
初期費用0円0円
月額費用968円770円
容量(SSD)250GB300GB
メモリ4GB8GB
CPU仮想4コア仮想6コア
転送量目安18TB27TB(月換算)
無料お試し期間なし10日
mixhost(スタンダードプラン) シン・レンタルサーバーの比較表

mixhostには無料お試し期間はありません。しかし返金保証期間が30日間存在します。

この表は2021年12月1日時点です。全体的にどちらのレンタルサーバーが優れているかは、表の通りです。

全体的にシン・レンタルサーバーの性能の方が高く、料金も安いです。

性能で比較

上で確認した通り、mixhostよりもシン・レンタルサーバーの方が性能に対して料金が安いです。

mixhostもサーバー性能は高いです。ブログやサイトを運営するなら十分すぎる性能です。またmixhostにはWordPress高速化機能「LiteSpeed Cache」が搭載されています。この機能はシン・レンタルサーバーには存在しません。

このLiteSpeed Cacheにより、mixhost内で運営されるWordPressサイトは高速表示させることが可能です。

一方で、シン・レンタルサーバーにも高速化機能が存在します。Xアクセラレータ Ver.2が実装されています。この機能により、サイトの安定化&高速化が可能になります。

この他にも他社サーバーには存在しない最新技術を積極的に取り込むことで、「国内最速」を実現しているレンタルサーバーです。

どちらも早いです。が、両方使った経験からするとシン・レンタルサーバーの方が早い感覚があります。

実際、mixhostには高速化機能・LiteSpeed Cacheが導入されていますが、この機能の設定を全部ONにしてフル活用しちゃうと、サイトのレイアウトが全部崩れてしまったんですよね。(LiteSpeed Cacheで設定ミスしてレイアウト崩れは「あるある」です)

そのため、mixhostで表示速度を限界まで高めきれなかったんですよね。それも理由の1つです。

ちなみにシン・レンタルサーバーでは、高速化はしつつもサイトレイアウトが崩れるトラブルは1度も起きていません。

さて、ここまでmixhostとシン・レンタルサーバーの性能比較をしました。

いわゆるコスパは断然にシン・レンタルサーバーが上です。料金は安く、性能も高いです。

管理画面の使いやすさで比較

次にmixhostとシン・レンタルサーバーの使いやすさを比較します。

管理画面を比較しましょう。サイト運営者が一番利用するページです。

まずmixhostでは、管理画面にcPanelというアプリを採用しています。このcPanelという名前を覚える必要はありません。

mixhost cPanel

ようするに、このアプリを使っていることでmixhostは「とても多機能」な管理画面になっています。

cPanelに慣れ親しんでいる人からすれば当たり前かもしれません。しかし、初心者にとっては管理画面が複雑なんですよね。

「あれ?WordPressインストールはどこを設定すればいいの?」「ホットリンクの保護?Zone Editor?phpMyAdmin?なにそれ」

使っていて困惑します。私もmixhostの管理画面に慣れるまで半年間かかりました。

対して、シン・レンタルサーバーは、以下のような管理画面になっています。

シン・レンタルサーバー 管理画面

管理画面のデザインは今風ではなく、少し古臭い感じはします。しかし、mixhostよりも分かりやすいですよね。初心者でもどこで設定をすればいいのかが一目で理解できます。

2021年10月に私はmixhostからシン・レンタルサーバーに引っ越しましたが、この管理画面の見やすさに改めて感激しました。使いやすすぎる。

初心者目線でいえば、シン・レンタルサーバーの方が管理画面は使いやすいです。

サポート体制で比較

次に、サポート体制で比較します。

まず、シン・レンタルサーバーでは、

  • 電話サポート
  • メールサポート

2種類のサポートが用意されています。電話は平日10時~18時まで受け付けています。メール対応は24時間いつでも送ることが可能です。

mixhostのサポートは、メールサポートのみ用意されています。mixhostのサポートに関しては電話サポートは用意されていません。ただし、私が過去にmixhostのサポートを利用した際には、迅速かつ丁寧なメール返信がありました。そのため、決してmixhostのサポートに対しては好印象を持っております。

ただ、サポート体制の手厚さで検討をするなら、サポートオプションが多いシン・レンタルサーバーが安心です。やはり緊急時にはメールよりも電話で質問できる方が安心感があります。

これまでの実績で比較

これまでの実績を見てみましょう。

mixhost いつから
https://www.azpocket.co.jp/company/

まずmixhostは2016年6月に提供開始しました。シン・レンタルサーバーは2021年に提供開始しました。運営歴が長いのはmixhostですね。

また、mixhostでは

  • アクセス処理速度満足度NO.1
  • 表示スピード満足度NO.1
  • アフィリエイター、ブロガー満足度NO.1

3つの満足度No.1を日本マーケティングリサーチ機構から獲得しているそうです。

一方で、シン・レンタルサーバーの実績はまだ少ないです。しかし、シン・レンタルサーバーの運営元であるエックスサーバーの運用実績をみると、mixhost以上といえます。

エックスサーバー 実績
https://www.xserver.ne.jp/

上記は、シン・レンタルサーバーの運営基盤となるエックスサーバーの実績です。

これまで18年間の運用実績を持っており、現在で200万以上のWebサイトを運用している国内シェアNO.1のレンタルサーバーです。

私がシン・レンタルサーバーを安心して利用できるのも、運営元がこれまで多くの実績を出してきたからです。名前も知らない会社が2021年に立ち上げたレンタルサーバーではありません。

シンプルな実績でいえば、mixhostの方が上です。しかし、運営元の運用実績も含めるとシン・レンタルサーバーを安心して利用できることが分かります。

【まとめ】シン・レンタルサーバーとmixhostはどっちがいい?

総括として、ここまでのmixhostとシン・レンタルサーバーの比較表をもう1度貼っておきます。

特徴mixhostシン・レンタルサーバー
料金
性能(スペック)
使いやすさ×
サポート体制
実績

総合判断すると、シン・レンタルサーバーの「勝ち」です。

どちらも優秀な国内レンタルサーバーです。初心者がWordPressブログをはじめるなら、どちらを選んでも問題ありません。

私はどちらも利用していますが、どちらも簡単にWordPressをインストールできるので、使い方で迷うことはないでしょう。

ただし、コスパ(料金と性能)、使いやすさは、シン・レンタルサーバーが上です。

私個人としてはシン・レンタルサーバーをおすすめします。実際に使っている私が断言します。それに当サイトもシン・レンタルサーバーで運営していますからね。

さらに詳しくシン・レンタルサーバーの機能・特徴が知りたいなら、私がまとめた解説記事をご覧ください。

>>【2022年】シン・レンタルサーバーの機能・評判・使い勝手を徹底解説

では、今回はここで終了します。

ひとり起業家のための「Web集客ガイドブック3.0」

無料の電子書籍「集客コンテンツの作り方」
Web集客のためのブログ記事や動画、SNSへの投稿を作るのは大変ですよね。時間はかかりますし、作ったコンテンツが本当に成果を生むかも分かりません。

この無料レポートでは、私が実際におこなっているWeb集客のコツをすべて公開しています。

この無料レポートに書かれていることを実践すれば、今よりも簡単に集客コンテンツを大量に作り、見込み客をより多く獲得できるようになります。

今すぐ無料レポートをダウンロードして、オンラインでより多くの見込み客を獲得しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
藤井 丈夫デジタルマーケティング専門組織「MiyakoWEB」代表
世界中のWEBマーケティングのリソースを毎秒漁っているオタク。個人事業主、先鋭的な起業家に向けて不定期でブログ書いたりしてます。情報収集と検証に忙しいので、飽くまでお金儲けや情報発信は余暇でやってます。