>> 成功している英語圏のマーケティング会社のWeb集客手法はこちら

WordPressページビルダー「Brizy」の3つのデメリット・解決方法を解説

Brizyのデメリット

どうも、藤井丈夫です。私が当ブログで購入を推奨をしているWordPressページビルダー「Brizy」。

Brizyは、WordPress上で想像通りのランディングページをドラッグ&ドロップで作れる”新時代のページビルダー”です。

もちろん、 WordPress上でランディングページを作る方法は他にもあります。ElementorやVisual composer(ビジュアルコンポーザー)など世界中には有名なWordPressページビルダーが存在します。

しかし、私はBrizyをおすすめしています。

…しかし、Brizyにもデメリットがあります。隠すつもりもないです。

むしろ、これからBrizyでランディングページを作るなら、知っておいて欲しいと考えています。そこでWordPressページビルダーのBrizyのデメリットを解説します。

Brizy とは

この記事を見る多くの人は、私が解説したWordPressページビルダーBrizyの解説記事を見たと思うので、くどい説明はしません。

まだ見てない場合は、詳しいBrizyの解説記事を先にご覧ください。

>>WordPressページビルダー「Brizy」の詳しい解説&使い方

では、簡単にBrizyで出来ることをザっと説明します。簡単にね。

まずは下の画像をご覧ください。

Brizyで制作したサイト(トップページ)

これは私のサイトのトップページです。このトップページはWordPressページビルダーBrizyを使って制作しました。

本来ならば、私のように知識がない人間は、ここまでカスタマイズされたページは作れません。ですが、Brizyを使えば、知識ゼロでも簡単にランディングページを作ることができます。

WordPressページビルダー「Brizy」の3つのデメリット・解決方法を解説

パズルを組み立てるように、ドラッグ&ドロップで直感的にページが作れるんですよ。しかもこれ、WordPress上ですべて作れちゃうんですよ。

はい。このようなページを自由自在に作れるWordPressプラグインです。WordPressでランディングページを自由自在に直感的に作れます。

私がBrizyを使い始めたきっかけ

もともと、私はThemeforestという海外サイトでWordPressテーマを買いあさるのが好きなオタクです。その過程でX themeに出会い、Diviを使い始めて、そしてElementor、Beaver Builder、Visual composer…。

そしていつのまにか世界中のWordPressテーマやプラグインに稼いだお金をブッ込むようになりました。

有名どころのWordPressページビルダーは大体試しました。

  • Elementor
  • Visual composer(ビジュアルコンポーザー)
  • Beaver Builder
  • Divi
  • Oxygen page builder
  • Thrive architect
  • Page builder by siteorigin
  • Brizy

このあたりは使ってきました。

WordPressページビルダーの細かい部分が気になる

WordPressページビルダーにも、それぞれの特徴があります。

「Elementorって便利だけど、使うのがめんどくさいなあ」

「Oxygen page builderは動作が重いなあ」

99%の人は気にしない部分や使い勝手が気になり出すんですよ。そして、こだわりすぎて拗らせた私が2019年に出会い、現在まで使い続けているWordPressページビルダー。それがBrizyです。

はい、前置き長くてすいやせん笑

Brizyのデメリット・問題点

で、非常に素晴らしいページビルダーであることは疑いようもない。散々、Brizyを褒めちぎってきたんですが、そんな私が気になるBrizyのデメリットを紹介します。

Brizyのデメリットは3つあります。その中には今後改善が見込めないデメリットもあります。つまり、開発者が「これはもう改善する気がないよ」というデメリットです。

Brizyの使用・購入を検討しているのであれば、必ずこのデメリットは知っておいた方がいいです。

① Internet Explorerがサポートされていない

Brizyで作ったページはInternet Explorerではレイアウトが崩れます。マトモに表示されません。

これは不具合ではなく、Brizyの開発元が「IEはサポートをしない」と明言をしています。

下はサポートでの担当者の返信です。

BrizyはIEをサポートしていない

「IEには制限も多くあり、セキュリティ上の問題もあり、Internet Explorerには対応していない」とのことです。

…うーむ。どうでしょ。

海外ではIEの使用者は2.88%程度です。そのためBrizyがIEに対応していなくても、それほど問題にはなりません。ですが日本国内ではIE使用者が9.46%います。

100人いたら9人、10人はIEを使っているわけです。

いや私は別にIE(Internet Explorer)でBrizyが表示されないのは構わないです。でも、Brizyを使うことで日本国内のユーザーの9.46%を失うことを考えると、使うのを躊躇するかもね。

BrizyがIEサポートしていなくてもよくない?

でも、ぶっちゃけいいかなと思いません?IE11のサポートは2021年8月17日で終了します。

MicrosoftはもうIEではなくEdgeの開発にチカラを注いでますし、IE自体は開発終了しちゃってます。

そう考えると、これからIEをサポートしていない問題は意外と小さい。実際私の運営する他サイトにおいても、IEのユーザーは1%未満です。

ここは個々人の考えですね。私はあんまりデメリットとは考えていません。

② Brizyの期待値が高すぎる問題

2つ目のデメリットは、世界中のユーザーがBrizyに寄せる期待値が高すぎることです。

Brizyは「どんな人でも使える次世代のWebサイトビルダー」と謳っています。ええ、これは事実です。正直、Brizyの機能は魅力的です。

Brizyは最強のWordPressページビルダー

視覚的にマウス操作だけでパソコン、タブレット、スマホそれぞれの画面サイズに合わせて、デザインができます。

それに加えて、Brizyのロードマップは非常に魅力的です。

ロードマップとは、今後追加される機能、修正される要素をまとめたものです。

このロードマップを見る限り、他のページビルダーにはない機能が今後、数週間、数か月でBrizyに追加される予定です。

中長期でかなり期待ができるロードマップです。ですが、中には開発が遅れている機能もあります。

開発速度が遅いので待ちきれない

「へい、この機能はいつ追加されるのですか」

そんな質問がBrizyのFBグループでも飛び交っています。Brizyに期待をしているユーザーが多いので、開発を急ぐ気持ちもわかります。

そのため「こんな機能がもうすぐ追加されるのか!すげぇ!」とBrizyの開発速度に過度な期待をすると、実際に搭載されるまで待つことになるかもれません。

こんな機能もいつか追加されるんだなあ、来月追加されるって書いてあるけど、延期されるんだろうなくらいの感覚でいておくといいです。

実際、Brizyの開発チームは優秀なので、待っておくと機能は追加されていきますし、不具合に関してはすぐに修正されます。ゆっくり待ちましょう。

ちなみに現状でも問題なくBrizyでランディングページが作れちゃうので、安心して使ってください。今後さらに次世代的な機能が追加されます。気長に待とうぜ。

③Brizyの無料版は制限が多い

Brizyは望んだデザインのランディングページを素早く作ることができる優秀なページビルダーですが、無料版(Free)だと少し残念です。

以下は無料版です。インストールしてみました。ご覧ください。

WordPressページビルダー「Brizy」の3つのデメリット・解決方法を解説

無料版だといくつかのブロックが制限されています。

有料版のBrizy PROにすれば、すべてのブロックが使えます。無料版では基本的なブロックしか使えません。

デザイン性が高く高機能なブロックはPRO版ですべて使えるようになります。

結論:Brizyの3つのデメリット・問題

ザっと説明しましたが、Brizyにはこの3つのデメリットがあります。

私はBrizyを2年以上使ってきました。そのうえで言いますと、この3つは大きなデメリットではありません。

Brizyはデメリットの何億倍に勝るメリットがあります。そのため、私は現在もElementorではなく、Brizyを使い続けています。

Brizyは無料版とPRO版があります。無料ではテンプレートの数が制限されていますが、Brizyの使いやすさを実感するには十分です。

Brizyの公式サイト、もしくはWordPressのプラグインの「新規追加」からBrizyを無料で入手して使ってみて下さい。

…と、ちょっと待ってください。

Brizyの「買い切りプラン」が終わるぞ!急げ!

これ追記です。絶対に買い逃さないでほしいので。

有料版のBrizy PROには現在3つのプランがあります。

Brizyの3つのプラン

英語ですね…。料金プランもドル表記です。

  • Personalプラン:$49(およそ5,300円)
  • Studioプラン:$99(およそ17,000円)
  • Lifetimeプラン:$299(およそ32,400円)

※この記事書いている現在1ドル=108.33 円

「この料金プランがなんなんだ」って話ですが、実は…

BrizyのLifetimeプラン

Lifetimeプランがあと73個で売り切れます。ええ、もうすぐ売り切れます。

このLifetimeプランというのは、生涯プランです。1回買い切ることで、今後追加費用を支払うことなくアナタが死ぬまでBrizy PRO(有料版)を使い倒せます。

通常は年払いです。ですがLifetimeプランは買い切りです。1回支払えばアナタが死ぬまで使い続けられます。アップデートもされ続けます。

なぜ、Lifetimeプランを買っておくべきか

これ、単に「Lifetimeプラン買っとけば、毎年17,000円払わなくていいんだぜぇ」とお得さをアピリたいわけではないのです。

下見たら、確実にLifetimeプランが欲しくなりますよ。

Brizyでサイト制作ビジネスができる

この赤枠で囲っている英文を翻訳すると、


Brizy PROを使ってクライアントにサイトを作ることはできますか?

ええ、もちろんです。これこそBrizy PROの目的です。クライアントや、アナタの所有する事業のためにWebサイトを自由に作れます。

つまり、Lifetimeプランを買うことで、あなたはBrizy PROを使って自由にWebサイト制作ビジネスをおこなえます。

BrizyでクライアントのためにWebサイトを作って料金を受け取ることもできるわけです。

あなたのWebサイトでBrizy Proを使うだけではなく、クライアントに対しても使うことができるわけです。

30日間の返金保証を使えばいい

凄さは理解してくれたと思います。でも$299は安くないですね。32,400円ですからね。

ただ、Brizy PROには30日間の返金保証があります。使って「うわ、やっぱだめだな。買ったのは失敗したな」と思ったらサポートに言えば返金してもらえます。

なので、迷わずLifetimeプランを選ぶことをおすすめします。

>> Brizyの公式販売ページはこちら

で、私がこれほどまでに執拗にLifetimeプランを勧めている理由。それは、もうすぐ売り切れるからです。

売り切れる前に急いで買っておこう

Brizyの在庫

私が買った時はまだ800個近く残ってたのに…。

あなたがこの記事を読んでいるタイミングによっては、さらに減っているかもしれません。

コレ系って大抵の場合、「残りあとわずか」と言いながら売り切れないと思ってたんだけど、Brizyの場合はちゃんと数減ってるんですよね…。

なので、迷っているなら手に入れておいてください。

>> Brizyの公式販売ページはこちら

売り切れて二度と手に入らないことを後悔することが一番精神的にキツイですよ。

Brzyを日本円で購入する方法

Brizyを日本円で支払って購入する流れを書いておきます。簡単です。

ドルではなく日本円で決済できるので安心してください。画像付きで解説します。

Brizy PROの公式販売ページからプランを選ぶ

②「BUY NOW」ボタンをクリックする

Brizyを購入する

③あとは日本語で決済する

Brizy PROを購入する方法

あとはこのように日本語で決済ができます。

Brizy PROが日本語、日本円で購入できる理由は、Stripe(ストライプ)をしているからですね。

しっかりしたオンライン決済会社なので安心してください。

つまり「海外サイトで購入するのは怖いかもしれんが、カード決済はStripeが処理してくれるから安心しようぜ」ということです。クレジットカード番号が流出することはないです笑。

じゃあまた、何かご質問があればコメント欄にお願いします。

どうも、ありがとうございました。

ひとり起業家のための「Web集客ガイドブック3.0」

無料の電子書籍「集客コンテンツの作り方」
Web集客のためのブログ記事や動画、SNSへの投稿を作るのは大変ですよね。時間はかかりますし、作ったコンテンツが本当に成果を生むかも分かりません。

この無料レポートでは、私が実際におこなっているWeb集客のコツをすべて公開しています。

この無料レポートに書かれていることを実践すれば、今よりも簡単に集客コンテンツを大量に作り、見込み客をより多く獲得できるようになります。

今すぐ無料レポートをダウンロードして、オンラインでより多くの見込み客を獲得しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
藤井 丈夫デジタルマーケティング専門組織「MiyakoWEB」代表
世界中のWEBマーケティングのリソースを毎秒漁っているオタク。個人事業主、先鋭的な起業家に向けて不定期でブログ書いたりしてます。情報収集と検証に忙しいので、飽くまでお金儲けや情報発信は余暇でやってます。