>> 成功している英語圏のマーケティング会社のWeb集客手法はこちら

WordPressページビルダー「Brizy」の3つのデメリット・解決方法を解説

Brizyのデメリット

どうも、藤井丈夫です。私が当ブログで購入を推奨をしているWordPressページビルダー「Brizy」。

Brizyは、WordPress上で想像通りのランディングページをドラッグ&ドロップで作れる”新時代のページビルダー”です。

もちろん、 WordPress上でランディングページを作る方法は他にもあります。ElementorやVisual composer(ビジュアルコンポーザー)など世界中には有名なWordPressページビルダーが存在します。

しかし、私はBrizyをおすすめしています。

…しかし、Brizyにもデメリットがあります。隠すつもりもないです。

むしろ、これからBrizyでランディングページを作るなら、知っておいて欲しいと考えています。そこでWordPressページビルダーのBrizyのデメリットを解説します。

Brizy とは

この記事を見る多くの人は、私が解説したWordPressページビルダーBrizyの解説記事を見たと思うので、くどい説明はしません。

まだ見てない場合は、詳しいBrizyの解説記事を先にご覧ください。

>>WordPressページビルダー「Brizy」の詳しい解説&使い方

では、簡単にBrizyで出来ることをザっと説明します。簡単にね。

まずは下の画像をご覧ください。

Brizyで制作したサイト(トップページ)

これは私のサイトのトップページです。このトップページはWordPressページビルダーBrizyを使って制作しました。

本来ならば、私のように知識がない人間は、ここまでカスタマイズされたページは作れません。ですが、Brizyを使えば、知識ゼロでも簡単にランディングページを作ることができます。

WordPressページビルダー「Brizy」の3つのデメリット・解決方法を解説

パズルを組み立てるように、ドラッグ&ドロップで直感的にページが作れるんですよ。しかもこれ、WordPress上ですべて作れちゃうんですよ。

はい。このようなページを自由自在に作れるWordPressプラグインです。WordPressでランディングページを自由自在に直感的に作れます。

私がBrizyを使い始めたきっかけ

もともと、私はThemeforestという海外サイトでWordPressテーマを買いあさるのが好きなオタクです。その過程でX themeに出会い、Diviを使い始めて、そしてElementor、Beaver Builder、Visual composer…。

そしていつのまにか世界中のWordPressテーマやプラグインに稼いだお金をブッ込むようになりました。

有名どころのWordPressページビルダーは大体試しました。

  • Elementor
  • Visual composer(ビジュアルコンポーザー)
  • Beaver Builder
  • Divi
  • Oxygen page builder
  • Thrive architect
  • Page builder by siteorigin
  • Brizy

このあたりは使ってきました。

WordPressページビルダーの細かい部分が気になる

WordPressページビルダーにも、それぞれの特徴があります。

「Elementorって便利だけど、使うのがめんどくさいなあ」

「Oxygen page builderは動作が重いなあ」

99%の人は気にしない部分や使い勝手が気になり出すんですよ。そして、こだわりすぎて拗らせた私が2019年に出会い、現在まで使い続けているWordPressページビルダー。それがBrizyです。

はい、前置き長くてすいやせん笑

Brizyのデメリット・問題点

で、非常に素晴らしいページビルダーであることは疑いようもない。散々、Brizyを褒めちぎってきたんですが、そんな私が気になるBrizyのデメリットを紹介します。

Brizyのデメリットは3つあります。その中には今後改善が見込めないデメリットもあります。つまり、開発者が「これはもう改善する気がないよ」というデメリットです。

Brizyの使用・購入を検討しているのであれば、必ずこのデメリットは知っておいた方がいいです。

① Internet Explorerがサポートされていない

Brizyで作ったページはInternet Explorerではレイアウトが崩れます。マトモに表示されません。

これは不具合ではなく、Brizyの開発元が「IEはサポートをしない」と明言をしています。

下はサポートでの担当者の返信です。

BrizyはIEをサポートしていない

「IEには制限も多くあり、セキュリティ上の問題もあり、Internet Explorerには対応していない」とのことです。

…うーむ。どうでしょ。

海外ではIEの使用者は2.88%程度です。そのためBrizyがIEに対応していなくても、それほど問題にはなりません。ですが日本国内ではIE使用者が9.46%います。

100人いたら9人、10人はIEを使っているわけです。

いや私は別にIE(Internet Explorer)でBrizyが表示されないのは構わないです。でも、Brizyを使うことで日本国内のユーザーの9.46%を失うことを考えると、使うのを躊躇するかもね。

BrizyがIEサポートしていなくてもよくない?

でも、ぶっちゃけいいかなと思いません?IE11のサポートは2021年8月17日で終了しました。

MicrosoftはもうIEではなくEdgeの開発にチカラを注いでますし、IE自体は開発終了しちゃってます。

そう考えると、これからIEをサポートしていない問題は意外と小さい。実際私の運営する他サイトにおいても、IEのユーザーは1%未満です。

WordPressページビルダー「Brizy」の3つのデメリット・解決方法を解説
藤井丈夫

ここは個々人の考えですね。日本で使っている人はいるけど、IEは完全に終了したので、BrizyがIEをサポートしないことはデメリットと私は考えていません。

② Brizyの期待値が高すぎる問題

2つ目のデメリットは、世界中のユーザーがBrizyに寄せる期待値が高すぎることです。

Brizyは「どんな人でも使える次世代のWebサイトビルダー」と謳っています。ええ、これは事実です。正直、Brizyの機能は魅力的です。

Brizyは最強のWordPressページビルダー

視覚的にマウス操作だけでパソコン、タブレット、スマホそれぞれの画面サイズに合わせて、デザインができます。

それに加えて、Brizyのロードマップは非常に魅力的です。

ロードマップとは、今後追加される機能、修正される要素をまとめたものです。

このロードマップを見る限り、他のページビルダーにはない機能が今後、数週間、数か月でBrizyに追加される予定です。

中長期でかなり期待ができるロードマップです。ですが、中には開発が遅れている機能もあります。

開発速度が遅いので待ちきれない

「へい、この機能はいつ追加されるのですか」

そんな質問がBrizyのFBグループでも飛び交っています。Brizyに期待をしているユーザーが多いので、開発を急ぐ気持ちもわかります。

そのため「こんな機能がもうすぐ追加されるのか!すげぇ!」とBrizyの開発速度に過度な期待をすると、実際に搭載されるまで待つことになるかもれません。

こんな機能もいつか追加されるんだなあ、来月追加されるって書いてあるけど、延期されるんだろうなくらいの感覚でいておくといいです。

実際、Brizyの開発チームは優秀なので、待っておくと機能は追加されていきますし、不具合に関してはすぐに修正されます。ゆっくり待ちましょう。

ちなみに現状でも問題なくBrizyでランディングページが作れちゃうので、安心して使ってください。今後さらに次世代的な機能が追加されます。気長に待とうぜ。

③Brizyの無料版は制限が多い

Brizyは望んだデザインのランディングページを素早く作ることができる優秀なページビルダーですが、無料版(Free)だと少し残念です。

以下は無料版です。インストールしてみました。ご覧ください。

WordPressページビルダー「Brizy」の3つのデメリット・解決方法を解説

無料版だといくつかのブロックが制限されています。

有料版のBrizy PROにすれば、すべてのブロックが使えます。無料版では基本的なブロックしか使えません。

デザイン性が高く高機能なブロックはPRO版ですべて使えるようになります。

結論:Brizyの3つのデメリット・問題

ザっと説明しましたが、Brizyにはこの3つのデメリットがあります。

私はBrizyを2年以上使ってきました。そのうえで言いますと、この3つは大きなデメリットではありません。

Brizyはデメリットの何億倍に勝るメリットがあります。そのため、私は現在もElementorではなく、Brizyを使い続けています。

Brizyは無料版とPRO版があります。無料ではテンプレートの数が制限されていますが、Brizyの使いやすさを実感するには十分です。

Brizyの公式サイト、もしくはWordPressのプラグインの「新規追加」からBrizyを無料で入手して使ってみて下さい。

…と、ちょっと待ってください。

Brizyを買うならLifetime(買い切り)がおすすめ

これ追記です。絶対に買い逃さないでほしいので。

有料版のBrizyには現在3つのプランがあります。

Brizy 年間プラン

英語ですね。料金プランもドル表記です。

  • Personalプラン:$54(およそ7,340円)
  • Freelancerプラン:$109(およそ14,817円)
  • Agencyプラン:$153(およそ20,799円)

ちなみにこの料金は年間プランです。つまり、Personalプランの場合は1年間でおよそ7,340円ほどかかります。

ただし、毎年払うのは嫌ですよね。面倒くさいです。実は、Brizyは2種類の支払い方があります。

WordPressページビルダー「Brizy」の3つのデメリット・解決方法を解説
  • Yearly(1年毎に支払う)
  • Lifetime(1度支払って買い切り)

このLifetimeプランというのは、生涯プランです。1回買い切ることで、今後追加費用を支払うことなくアナタが死ぬまでBrizy PRO(有料版)を使い倒せます。

Lifetime(買い切り)の料金は以下のとおり。

Brizy Lifetime
  • Personalプラン:$164(およそ22,294円)
  • Freelancerプラン:$329(およそ44,725円)
  • Agencyプラン:$307(およそ41,734円)

※この記事書いている現在1ドル=135.94 円

Lifetimeの方がYearlyよりも高く見えますが、1度支払えば毎年支払う必要はないので、実質的にはLifetimeの方がお得です。

そのため私もBrizyのLifetimeで買いました。追加料金を支払うことなくBrizyが更新されるたび、無料でアップデートされます。

そのため、現在迷っているならLifetimeで購入することをおすすめします。

Brizyでサイト制作ビジネスを始められる

さらに私がBrizyをおすすめしている理由。それが下です。

Brizyでサイト制作ビジネスができる

この赤枠で囲っている英文を翻訳すると、


Brizy PROを使ってクライアントにサイトを作ることはできますか?

ええ、もちろんです。これこそBrizy PROの目的です。クライアントや、アナタの所有する事業のためにWebサイトを自由に作れます。

つまり、あなたはBrizyを使って自由にWebサイト制作ビジネスをおこなえます。

BrizyでWebサイトを作って、クライアントから料金を受け取ることもできるわけです。

公式で許可されているので、問題ありません。Brizyを使って有料でサイト制作をすることも許可されています。

ちなみにBrizyでWebサイト制作ビジネスを始めるなら、Agencyプランをおすすめします。

Brizy サイト数 インストール
画像が見づらい場合は、画像をクリックして拡大してください。
  • Personalプラン:1サイトのみインストール可能
  • Freelancerプラン:合計100サイトにインストール可能
  • Agencyプラン:合計500サイトにインストール可能

Personalプランは完全に個人利用。1サイトにしかインストールできません。Agencyプランになると、合計500サイトまでインストールできます。

サイト制作業をはじめるなら、Agencyプランをおすすめしておきます。

あと最後にもう1つだけお伝えします。

Brizyを買うならキャンペーン期間中を狙え

ちなみにBrizyは定期的に特別なキャンペーンをやっています。

WordPressページビルダー「Brizy」の3つのデメリット・解決方法を解説

この記事を書いている現在、BrizyのAgencyプランが30%オフらしいです。

キャンペーンを狙ってBrizy PROを購入するのが良さそうです。

>>Brizyの公式キャンペーンや割引を確認する

Brzyを日本円で購入する方法

Brizyを日本円で支払って購入する流れを書いておきます。簡単です。

ドルではなく日本円で決済できるので安心してください。画像付きで解説します。

Brizy PROの公式販売ページからプランを選ぶ

Brizy plan 選択

②お名前とメールアドレスを入力する

Brizyの購入方法

③あとは日本語で決済する

WordPressページビルダー「Brizy」の3つのデメリット・解決方法を解説

あとはこのように日本語で決済ができます。

PayPalで支払うこともできます。しっかりしたオンライン決済会社なので安心してください。

つまり「海外サイトで購入するのは怖いかもしれんが、カード決済はPayPalが処理してくれるから安心」ということです。クレジットカード番号が流出することはないです笑。

30日間の返金保証を使えばいい

凄さは理解してくれたと思います。でも海外サイトで購入するのは不安ですよね。分かります。

ですが、Brizyには30日間の返金保証があります。使って「うわ、やっぱだめだな。買ったのは失敗したな」と思ったらサポートに言えば返金してもらえます。

WordPressページビルダー「Brizy」の3つのデメリット・解決方法を解説
藤井丈夫

過去に私自身も購入するプランを間違えて、Brizyに返金をお願いしたところ、1時間以内に全額返金されました。

そのため、安心してまずは試してみましょう。

>> Brizyの公式販売ページはこちら

じゃあまた、何かご質問があればコメント欄にお願いします。

どうも、ありがとうございました。

ひとり起業家のための「Web集客ガイドブック3.0」

無料の電子書籍「集客コンテンツの作り方」
Web集客のためのブログ記事や動画、SNSへの投稿を作るのは大変ですよね。時間はかかりますし、作ったコンテンツが本当に成果を生むかも分かりません。

この無料レポートでは、私が実際におこなっているWeb集客のコツをすべて公開しています。

この無料レポートに書かれていることを実践すれば、今よりも簡単に集客コンテンツを大量に作り、見込み客をより多く獲得できるようになります。

今すぐ無料レポートをダウンロードして、オンラインでより多くの見込み客を獲得しましょう。

2件のコメント

はじめまして
Brizy PRO Lifetimeプランですと 
1サイトのみ作成とありますが

Brizy PRO で 
複数サイト作成できるのでしょうか?

岳志さん

藤井です。ご質問ありがとうございます。
情報が古くなっていたので先ほど内容をアップデートしました。
質問をいただき気が付きました。感謝をします。

Brizy PROですが、まず下の画像をご覧ください。
https://takeofujii.net/wp-content/uploads/2022/07/brizy-install-site.png

Brizyのプランによってインストールできるサイト数が異なります。

Personalプラン:1サイトのみインストール可能
Freelancerプラン:合計100サイトにインストール可能
Agencyプラン:合計500サイトにインストール可能

そのため、岳志さんが多くのWordPressサイトに
Brizyをインストールするのであれば、

・Freelancerプラン
・Agencyプラン

をおすすめします。AgencyプランにはWhite Labelがついているので、
もしも、本格的にサイト制作業でBrizyを使うのであればAgencyプランを選ぶと良いです。

個人利用で1つのサイトでのみ使用するのであれば、
Personalプランで良いです。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
藤井 丈夫デジタルマーケティング専門組織「MiyakoWEB」代表
世界中のWEBマーケティングのリソースを毎秒漁っているオタク。個人事業主、先鋭的な起業家に向けて不定期でブログ書いたりしてます。情報収集と検証に忙しいので、飽くまでお金儲けや情報発信は余暇でやってます。