>> 成功している英語圏のマーケティング会社のWeb集客手法はこちら

コンサルティングビジネスは虚業なのか【コンサル起業に待った!】

コンサルは詐欺?虚業?

フジイです。コンサルタントという職業について、私が思うところを語ります。

私自身がコンサルタントとして事業をメインで行っていた時期があります。2018年6月ごろです。

Web周りが当時強いと自負していたので、Web集客から戦略の全面的なサポートを行い、高額なフィーをふんだくっていた時期があります。

こういうことを生業にしていたのですが、ある日私のメール受信箱に1通のメールが届きました。何かな…と開くと、

「コンサルティングで生計を立てていて、恥ずかしくないですか?」

そういう煽りのようなメールを受け取りました。当時はブチ切れまくって、2秒でゴミ箱に押し込んだのを覚えています。

この質問がこのメールが私を怒らせたわけですが…。

「コンサルタンティングビジネスは虚業なんじゃないか」

この事実を客観的に考えると、私も当時、内心思っていたんですよね。つまり、私はコンサルティングを仕事にしていたけれども、同時に内心では

「コンサルティングビジネスは虚業(きょぎょう)なんじゃないか」「くだらないものなんじゃないか」と感じていたんでしょう。

それを認められなかった。だから心の奥底に隠していた。それがたった1通のメールの一文で暴き出された。

だから怒ったわけです。

そんな私はいまでもコンサルティングビジネスを事業の一部として行っています。

コンサルタントは虚業家だ

当時と私は考え方も少し変わりました。

今は「コンサルタント=詭弁を吐くだけのイキリビジネスエキスパート」だとか「虚業家」だと私自身もそう思っています。

コンサルティングの本質は虚業だと、今の私はそう考えるようになりました。

情報商材屋とコンサルタントはさほど変わらない

例えば、クソ高いだけの詐欺まがいの情報商材が売られてるじゃないですか。騙される被害者も多いですが…。

だけどコンサルタントも同じ性質だと思ってます。情報商材屋とさほど変わらない。たいがいはハリボテ詭弁スキームを偉そうに提供するだけの、くだらない存在です。

こんな発言をすれば、コンサルタントから総叩きにされそうですが。1度怒りを静めて最後まで読んでくれ。

責任なんて持てない

コンサルタントの立場を下げるようなことを言いましたが、少し例を出します。

コンサルタントは助言した内容に対して責任を持ちませんよね。助言で成果が出なければ、そのクライアントに返金なんてしませんよね。

コンサルタントは助言内容に責任を取らない。すべてはクライアントの責任です。

つまりコンサルタントは無責任なんですよ。

コンサルタントに価値はないのか

コンサルタント 意味ない?

じゃあ、本題はここからなんですが、コンサルタントに価値がないのか。

そういう極論にするつもりは1ナノもないです。これは後ほど語るんですが、コンサルティングビジネスが虚業だろうが、価値はあります。

価値がどうこうの話ではなく、私が変だなって思うのが「知識も経験もない、大学卒業したての新卒の子がコンサルタントになってお金を受け取る」みたいな、そういう有様。

もちろん、大抵のコンサルティング会社では新卒の子には最初は雑務や泥臭い調査、資料作成の仕事を割り振るんですが、中には最初からクライアントを付けさせてバキバキに投げるヤバい会社もあります。

経営も知らない、社会経験もない。つまり知識もない机上の空論で高額のフィーを受け取る、そういったコンサルティングをしている人たちに私は疑問を抱くわけです。

世の中は虚業で成り立っているのでは?

で、話が前後して申し訳ないんですが、私はコンサルタントは虚業だと考えてますが、それでもいいとも考えてます。

塾の講師、弁護士、政治家もすべては虚業になると私は思うんですよね。理屈で考えていくと、世の中の職業の多くが虚業なんですよ。

この考え、街を歩いていてふと思ったことです。

でも、そういった職業でも必要としている人がいるわけです。

だから、コンサルタントも同じです。虚業家だろうが求められるならそれでいいんじゃないでしょうか。

求められるかぎり、コンサルタントでいよう

私も話をしますと、今後も変わらずコンサルティングビジネスという虚業を続けていきます。

結局、虚業だと思われても、私の知識やスキルや経験なりに需要を感じて金を支払ってくれるクライアントがいて、私自身がその期待に限界まで応えられるならば、やって問題はないはずです。

この事実があるとそれでいいんじゃないでしょうか。

求められるということは価値があるわけで。虚業だから価値がないわけではない。私はそう考えます。

私は虚業を楽しんでいきます

お金を払う人と受け取る人、サービスを提供する人、受ける人と。

コンサルタントとして机上の空論を吐くだけの人間にならないように、常に経験を踏んで、知識を蓄えて、何よりクライアントの結果に結びつける提案をし続けます。

何より私は今後この虚業を楽しんでいきたいと思います。

私の考えでした。ぜひあなたの考えも聞いてみたい。コンサルタントに対して虚業だと思いますか。またどういうような印象を持ってますか。

忖度しなくていいので、率直な意見をコメントに書いていただきたいです。ぜひ楽しみ待ってます。

では、どうもありがとうございました。

ひとり起業家のための「Web集客ガイドブック3.0」

無料の電子書籍「集客コンテンツの作り方」
Web集客のためのブログ記事や動画、SNSへの投稿を作るのは大変ですよね。時間はかかりますし、作ったコンテンツが本当に成果を生むかも分かりません。

この無料レポートでは、私が実際におこなっているWeb集客のコツをすべて公開しています。

この無料レポートに書かれていることを実践すれば、今よりも簡単に集客コンテンツを大量に作り、見込み客をより多く獲得できるようになります。

今すぐ無料レポートをダウンロードして、オンラインでより多くの見込み客を獲得しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
藤井 丈夫デジタルマーケティング専門組織「MiyakoWEB」代表
世界中のWEBマーケティングのリソースを毎秒漁っているオタク。個人事業主、先鋭的な起業家に向けて不定期でブログ書いたりしてます。情報収集と検証に忙しいので、飽くまでお金儲けや情報発信は余暇でやってます。